pepetto

ぺぺっと不機嫌

感想覚書 「少女」

相も変わらず暗い話がお好きだと思う。

 

湊かなえ原作の映画「少女」を観た。

覚書をば。

 

劇場予告で観たいと思ったものの劇場公開を見逃し、そのまますっかり忘れていたのだが、先日レンタルショップで目に入ったのだ。

観たいと思った理由として、美少女2人の犯行が観たかった。美しい殺人犯の美しい犯罪や少女らしい動機を、まるで写実的絵画のように観せてもらえるとの期待からだった。

 

そして大人が思う「少女」と少女が思う「少女」との間にある隔たりについて、一考させてもらえるのではなかろうかと。

 

 

結論から言えば、そういった話ではなかった。

予告で騙されたひとは少なくないだろうと思う。小説でもたびたび、最高の装丁に最低の中身というのはままある。むしろ中身がこれだから外見で売ったんじゃないのかと思うことさえあるくらいだ。これは詐欺だと思うのだが、読む・観るきっかけだと言われれば黙るしかない。

 

今回は、詐欺だというほど中身に落胆はしなかった。

 

湊かなえの小説は読んだことがなく、彼女についての知識はゼロだ。触れたといえば、「告白」を観たくらい。

告白のときほど顕著ではないにしろ、登場人物のそれぞれを描くのが好きなのだろうか。今回も、あのひとこのひとと描いている。

メインはもちろん少女2人だが、少しずつ人生の端が重なる人物についても描かれている。

 

この映画のストーリーにはこれといって驚きもなく、推理も不要だった。犯人は誰とか、どうやってとか、予告で期待したものは皆無だったのだから。

 

落胆しなかったひとつの要因として、映像が美しかったことがあげられる。役者は少女ではないにしろ、美しく撮られていて飽きずに観ることができた。

 

山本美月の細い髪が、風や水に揺蕩う様は本当に綺麗だった。

劇場に置かれていたフライヤーもよかったし、デザインはとてもよい映画のように感じる。

 

本田翼の演技はドラマを見る限り好かず、大げさで苦手だったのだが、今回に限っては病室で思いがけず笑うところ以外はすんなり観ていられた。合う役だったのだと思う。

 

緩やかに話が進んでいくのが、映像美とちょうどよかった。

登場人物たちの関係性が明らかになっていく様は、パズルのピースのようにとまではいかない。パズルのピースは「あ!」という発見と驚きが伴うが、この作品についてはそうではない。

並び替え、整理していくような印象。

 

出来過ぎな部分が多々あり、そのご都合主義は仕方がないにしても、彼女たちの夏休みの行動のきっかけについて省略されているように感じる。

 

解説を読んではじめてアツコが死を見るために老人ホームに行ったと知ったのだが、ユキが行動を起こすのはまだわかるにしても、アツコがなぜ死を見たいと思ったのかは明確でない。原作に書かれているのかもしれないが、ここは省かないでほしかったところ。

 

ただ、嫌悪感も陰湿な感じも引きずることなくラストは清々しい終わり方。救いがあってよかったと思う。ヒューマンドラマという感じ。

 

深読みのし過ぎかもしれないが、「了」を書ききるのを見せずに暗転したところが「ヨルの綱渡りは終わっ」てないのかもしれないと思ってしまった。次のターゲットに移るだけという厭世的なメッセージなのかな、と。

 

 

そもそも曖昧模糊。

 

いわゆるアダルトな作品には局部に修正を入れるのがマナーらしい。

個人的にはそっちの方がなんかやらしいと思うのだが、委託先や即売会での販売ルールのようだ。

ところでなぜ修正を入れるのだろう。いわゆるR-18作品は購入時に年齢確認されるようになって、購入者は18歳以上に限定されている。
もちろん完璧ではないだろうが、理屈上その作品を読むのは年齢制限をクリアしているひとだ。だというのに規制が入っている。

なんとしてでも局部が見たいってわけでもないんだけど、相応の条件を満たしているのに見せられないってのは謎だ。

Twitterにて、修正が甘くて新刊の販売ができなかったというツイートを目にした。全体的にモザイクが薄いと言われたという。他のイベントでは通ったモザイクだったが、その日のそのイベントの担当スタッフには薄いと感じられたようだ。
これは恐らく責任問題のため人によって審査がまちまちなのだろうと思う。
別のイベントや委託に回せれば販売は可能だろう。

問題は、なぜ大人も見ちゃだめなのかというところ。

実際、子供だって自分なり親なりでそこに描かれているものはわかっているし、大人ならなおさらだろう。話の展開が公序良俗に反するならそもそもモザイクじゃ規制できていないし、いわゆる猥褻電磁的記録頒布罪だというならTwitterに溢れている無修正画像や動画はどうなるのか。

わざわざ足を運んで買いにくるような場所では、未成年の手には渡りにくい。どちらかといえばネットの方がお手軽に見れちゃうわけだし。

そのくせ片やアートとなれば局部は精巧に作られてる方が評価高かったりして、当たり前だけどダビデダビデにはモザイクなんてかからない。

結局のところ誰がどこでどんなテンションのときに目にするか、というような曖昧なもののようだ。
個人的には全部公開すればいいじゃない、と。
Twitterやネットに無修正のものが溢れているのは、海外のサーバ経由だったりいたちごっこだったりで、結局規制しきれない現状があるのだろうと思う。
でもいちばん目にしやすいそこが規制できてないんだから、面と向かってこれくださいっていう即売会では別にいいんじゃないかなって。

モザイクをとれって話じゃなくて、売らせてあげてよって話。
ひとつのお話をかききるのって本当に大変だと思う。話を考えて描いて、入校データにして搬入して。買いに行くのを楽しみにしてた人だっていただろうし。

きちんとルールには則って描いてたんだから、狭量なことしないであげてほしい。

そもそもその人によって基準が違うってのも結構問題ありだ。そういうことがないようにきちんと修正レベルを明記しておくべきだし、個人的な判断ではなく組織的な判断としてしっかり定めておいてあげて欲しい。

作ったものをひとつも誰かの手に渡せずに持ち帰るってのは、あまりにもショックの大きいことだから。

というぼんやりとした日記でした。

やっぱどうかと思うんですよ。

 

例によって恩恵のない会社にいるわけなのでふつうに腹立たしかったんですけど、
先月ですか。プレミアムフライデーが始まったらしいですね。

ネット上でも九割「愚策だ」という声が多かったようです。

 プレミアムフライデーで検索すると、
愚策じゃい!という呆れや怒りの声の中に、
なぜこんなに叩かれているのか?という記事を発見。
拝読させて頂きました。

記事を個人的に要約すれば、
・恩恵なんてもともとなかったんだから、平素通りなだけなのに不満を言うのは妬みだ。
・施行することでのデメリットなどない
ということらしい。

ひとつめはその通りだと思う。
なにが腹立たしいって、恩恵があった人たちってたぶん
はなっから生活に余裕のあるひとたちなんですよ。

そういうことを積極的に取り入れてくれる社会に生きてるひとたちは、そもそもプレミアムフライデーがなくてもバランスのとれた生活ができているんじゃないかと。

そもそも労働基準法の一日8時間労働ってのが守れていればプレミアムフライデーなんてわざわざ作らなくても、時間帯は違えど生活に時間はあると思うんです。

法が悪いのか人が悪いのかわからないけれど、現実では残業や働き過ぎの過労死、ブラック会社が問題になっている。
そのなかでも残業代が支払われない状況が蔓延してる現代で、お金も時間もない状態のひとたちが多いと思うんですね。

ほんとうにそういう国からの助けが欲しいのはそういう人たちなんですよ。
そしてそういう人たちの生きてる社会には、そういうシステムは降りてこない。
わたしんとこの会社も音沙汰ありませんでしたからね!

法で定められた労働基準すら守られていないのに、強制力のないものが通るわけがない。なんの助けにもならない。
恩恵のあった、たった2〜3%のひとたちが散財したとして、ボーナスがわたしのところにくるわけでもない。
これがわたしのやっかみというか、怒りなわけですよ。

で、ふたつめの「施行することでのデメリットなどない」。
これはそうではないと思う。

現在の貧富の格差はかなり大きいってニュースになっている。
この格差は良くないので解消しようとしているわけですよね。

わたしは歴史にも経済にも明るくないので想像ですけど、
治安が悪くなったり経済が回らなくなったりするんですか?

後者は別として、前者は想像つくんですよ。

この前ライザップでお客様のロッカーから現金を窃盗した方がいらしたように、
そういうことが蔓延るようになるのかな、と。

これって精神的な不満が起こす行動だと思うんですよ。
目先のことでいっぱいで、心に理性をおいておく余裕がない。
そしてそういう事件をそんなに重要視しない気もする。
人を殺して盗む事件もままある一方で、こっそり盗むタイプの窃盗罪ってそこまで怖くないのかなって。

もうこの時点で治安結構悪いと思うんですよ。
貧富の格差が結構なところまできているってことじゃなのかなって。

それでもってくるのが今回のプレミアムフライデー

このように日常的に積もっている不満は持っている。

そこへきて、より不満を助長させている気がしてならないんですよ。

いつも通りひたすら働いている手前がいて、そんななかでテレビでは偉い人が15時には退庁するとか抜かしてて。
いいよなあ偉い人はさあ〜〜ってなるのって当たり前のことでは?

現代では結構簡単に殺人が起こるし、昔ほど他人を人間としてみてない人ってたくさんいて、もしそういう人たちがぎりぎりの精神で耐えて生きていたら、プレミアムフライデーでごくごく恵まれた人たちが明るい時間から楽しそうにお酒とか飲んでたら殺意湧かないかなとか。

まあこれは想像力のなせる極論ですけどね。

でもなくないよな、と思う。そんな時代じゃないですか。

不満を解消すべき策が、不満を助長させている。
働いてる人の、働かなきゃいけない人のやる気を削いでいる。
これはデメリットじゃないかと思うんですよ。

わたしは後から知ったので、もうとくにあ〜あいいな〜程度でしたけど。

他の人にとってプレミアムフライデーって
どんな気持ちを起こすものだったんだろうと、
ふと思う午後です。

ではでは、お昼行ってきます!(16:00なう)

 

涙と悲しみはイコールか。

涙がでるようになった。
今年ももう、あと少しだ。

6月、父方の親戚のお葬式があった。訃報を聞いた時は、おお…まじか…という、なんの色もついていない驚きという衝撃だった。

亡くなったのはわたしの叔母さんのお義母様で、こう言ってはなんだが、ただただ呼吸をしているような、そんな晩年だったように思う。
叔母さんは長いこと、それはもう大変な介護をしていた。

わたしがこの訃報を飲み込んで落ち着いた頃には、叔母さんが楽になれるなと思ったし、もうずっと意識もあるんだかないんだかで会話もなく反応もなくだったせいか、悲しみというものは正直、少しも浮上しなかった。
おぼろげに思い出される記憶と、老いて小さくなった姿があまりにも遠く、実感がないというのもあったのかもしれない。

式はまるで軽く、梅雨時期の不思議な気温と明るさと空気で、久しぶりに会う親戚と世間話をして、悲しみに溢れたものではなかった。

出棺になって、最後に顔を見て、花でお棺を埋めるとき、叔母さんがお棺に凭れるようにしゃがみこみ、泣いた。

叔母さんや、近所のひとが堰を切ったように泣き出して、驚くと同時に初めてわたしは、ひとの死を実感したのだ。
いのちはすでにないけれど、からだがそばにあるうちはまだ、みんな普通だった。からだが運ばれていくその直前に、本当に本当のお別れを実感したのだろうか。

みんな何度もひとの死を経験しているはずだ。そこにからだがあったって、亡くなっていることはわかっているはず。なのに。それとも、そのひとのことが自分の記憶のなかだけになってしまうことに泣くのだろうか。

そしてその涙は、悲しみなのだろうか。

わたしも泣いた。泣き崩れる叔母さんを見て、もらい泣きする母を見て。悲しいかと問われると、わからない。悲しいってどんななのか、正直わからない。でも泣くことがイコールではないように思う。

もっと複雑な気持ちだったような気がする。

人の死で泣くのはなぜだろう。
悲しいとはどういうものだろう。

数日後に、今度は母方の親戚のお葬式に参列する。
そのひととはつい最近いっしょに食事をした。
94歳、自然死だという。

この度のお葬式で、なにか一欠片でも「ひと」について得られればいいと思う。
そして、恐らく純粋な気持ちで涙する自分を、存分に不思議がって、考えられればいいと思う。

ただ、悲しみに満ちたものではないこの日本の文化は、不思議だ。

チケットをご用意させていただきました。


地獄だか天国だかへのチケットに当選した。


Kiramune とかいうレーベルのキラフェスなるイベントだ。
神谷浩史が出ているからとe+から通知が来て何気なくぺっと申し込んだらご用意されてしまった。

お金を振り込むか迷った。
そこまで熱がないからだ。

本当に会いたくてどうしようもないひともいるだろうが、わたしは彼の歌う姿を生で見たいと思ったことは無い。

そもそも神谷浩史というひとは人気がありすぎる。ファンが怖い。だからそんな集いにいけばどうなることやらという心象だ。

結局行くことに決めたのだけど。
お祭り騒ぎはよく知らなくても楽しいし。
せっかくだし。

ところでわたしは神谷浩史を応援している。

キャーキャーはしないし、逐一新情報をチェックしたりしないし、出演作を見たりもしないけど、ああすごいなぁと思って見ている。

ときどきCDやDVDを買う。

好きな声は藤原啓治安元洋貴と、声はタイプではないのだけど、彼の演技がいくつになっても成長していくことに驚いてつい。

何年も前から聞き続けているラジオのせいか、声も聞き馴染んでしまった。

きっかけは、兄と誕生日が同じだったこと。
それから、兄と同じように夏に事故っていること。
兄と同じように心肺停止していたこと。
同じように奇跡的な復活。
それから、兄と同じようにユニコーンが好きなこと。

身近な人と共通点が多いと親近感がわく。

彼の事故からの復活をよろこんだ周りの同業者や御両親が笑顔でいられるように、彼には笑っていてもらいたいなぁとも思う。

無論、彼自身の魅力にも惹かれているのだが。

それにしても、サイリウムも振らないしリズムをとったりしもしない地蔵が、6時間のキラキラしたライブにいていいものだろうかと不安な限りである。

下手したら体力がもたずにずーっと座ってる可能性もあるのだけれど、隣の席の人が熱烈なファンで叱られたらどうしようかなどと想像して戦々恐々とするくらいには、楽しみになってきた。