pepetto

ぺぺっと不機嫌

電車内、パウダールーム

たまに、見かける。
いや結構よく、見かける。

電車内でお化粧をしてるひと。

ところでわたしは基本すっぴんである。すっぴんに自信があるとかではなく、(もちろんそうだったら良かったのだけど残念ながらお化粧を積極的にしないといけない部類なのだが)如何せん肌が弱い。あとお化粧品のあの独特な香りがどうにも頭痛を誘うので苦手だ。

すっぴんのわたしからすると、お化粧をするひとは女性らしくて身だしなみに気を使っていて偉いなぁと思う。まあ、所詮は素材だ。ブスが化粧したところで美人にゃ敵わないとも思っているけど。

それに、目当てのひとを撃ち抜いたその美しい詐欺のような仮面を、いつ外すのかと疑問にも思う。

自分を磨きあげる自分のための変身アイテムだとすると、素晴らしい。見上げた努力である。

電車内でお化粧をするひとは、どっちなのだろうか。

わたしが電車内でお化粧をしようとするならたぶん、前者だ。
好きな人のために美しくなりたいから、だからほかの人はどうでもいい。じゃなきゃお化粧してる時のあのぶっさいくな顔を外では晒せない。

後者だったら、それこそ家や絶対に他人からは見えないところでないと意味がない。美しい自分、可愛い自分になりたくて、自分のためにする化粧だったらどの他人にもこんな、白目でまつ毛をくるくるさせてるところなんて見せたら一気に仮面が崩れてしまうように思うからだ。

もちろんわたしだったらだけど。

この前電車で見た女の子は、その化粧をしている姿に品がなかった。顔は中の上だったのに、品がなく見えた。大して崩れてない化粧を電車の中で直す様はなんだか可哀相だった。

こんなたくさんの視線がある中で、お化粧直しを我慢できないほど自分に自信がないのかな、とか、そのファンデーション塗るための変顔こんなにたくさんの人に見られてるのに気づいてないのかな、とか。

マナーっていうよりは、本人はそれでいいの?お化粧そんなにばっちりしてるってことは少しでも可愛く見られたいんじゃないの?って。

あとやっぱ、その独特の匂いは頭痛いし、パウダーがネイビーのスーツに飛んで目立って迷惑そうな隣の若いサラリーマンにも迷惑だし、電車内はパウダールームと違うんだから、やめた方がいいと思う。