読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pepetto

ぺぺっと不機嫌

2015年に幼い時代を過ごすということ

当たり前に誰にでも中学時代はある。
その年の頃がいかに子供で、いかに判断力に欠けていたのかを知るのはせいぜい齢20過ぎたころか。

いや、高校生が中学の時のことを黒歴史だと話すくらいだから17、8歳で悟るのかもしれない。

誰にでもある中学時代は常に時代に流されていて、わたしの中学時代と今の中学生では常識も興味も勉強の範囲ですら違う。

今日、会社の先輩のいとこの悩みを聞いた。

彼女は中学生で、友達とのLINEに悩んでいるらしい。

そう聞いてわたしは、話の流れとかグループトークから弾かれてるとかそういうことかと思ったのだがどうも事態はもっと悍ましかった。

LINEにはトークのほかにタイムラインがある。

そのタイムラインにバトンと呼ばれるものが回されるのだと言う。
わたしの時代にもバトンはあった。

LINEは今ほど普及してなかったのかそれとも存在してなかったのか、わたしやわたしの周りは使っていなかったのでブログだとか前略プロフィールmixiといったSNSで回されたものだ。

そのときも『閲覧したら絶対に3人に回すこと!』とか『足跡で見た人はわかります!』だとか言って強制ではあったけど、事実そのことばの効力は微力だったように思う。

本当に足跡が見えたのかわたしは知らないし、バトンをやらなかったからと言ってそれがバレた試しはなかった。

ところが2015年現在、LINEで行われるバトンは名指しだという。

回す人は個人名で次の人を指名し、された方はいいね!で見たことを示し、さらに回す。
指名されてない人でも、いいね!をしなかった人は次の日からは無視されて存在を消されるのだという。

わたしだって結構なイジメを経験してきたわけだけど、わたしの時代は匿名性が加害者の武器だった。

それはそれでえげつなかったし最低の行為だったけど、その分逃げ道を作ることができた。
あまりいいやり方ではないけれど、加害者も被害者もわたしでない誰かでよかったのだ。ひとでなくても友達でなくても、なんでもだ。ものでも現実であったことのないひとでも。

だけどどうも時代が流れたのか、現代の加害者の武器は真逆だ。

これってすごく怖いことだと思う。

そのバトンが死刑宣告と同じに思えてしまうひとがきっとどこかにいるんだろう。

どうしていじめがあるのかとか、なくそうだとかそういうのは思わない。思っても考えても現状苦しい人は苦しいし、意味がない。

だけどどうかせめて、常に逃げ場のあるいじめ方であればいいのにと切に願う。

その逃げ道を見つけられるかどうかくらいは、自力で頑張ってほしい。
だれも助けてはくれないのは、その時代のそのイジメだけでないから強くあって欲しい。

その強さは精神的に折れない強さではなくて、逃げ道を見つける賢さというか小賢しさ。

わたしの持論だけど、全てにおいて原因は使うひとにある。
LINEが悪いというひともいるし、発達した機械や技術に全責任があるかのように考える人がいるけれど、それだけは違う。

必ず、悪意ある使い方をしたひとがいるというだけのこと。

それにしても、現在を幼いころに生きるという誰しも必ずあることがここまで苦しい時代になるとは。

世も末だなぁ。