読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pepetto

ぺぺっと不機嫌

いらないんです、あなたからは!

学生時代の話。
友人間で誕生日イベントがいくつかあった。

祝う側も祝われる側もなんどかあったけど、正直迷惑だし面倒だった。

好みも知らない、そもそもそんなに仲良くない、誕生日なの?へぇそうなんだおめでとうくらいの気持ちしかないよ!ってひとにもサプライズだプレゼントだなんだって。

これが、仲のいい友達ならいいけれどそうでないと悲惨。色紙書いて送るってそれどこの運動部よ。もらってもいらないし書くことないしそのくせ捨てるに困るし。

とにかく無償で与えられるものが不得意なわたしは、すぐさまお返ししないとそわそわする。

借りを作りたくないってわけではなくて、意図がわからないものを受け取ったままにできないのだ。

いちばん面倒なのは祝われる側だったときだ。
欲しくもないものを大量に持ち帰らされて、持ち帰っても処理に困って、バレッバレのサプライズに気づいてない演技、もっと難しいのは驚いた演技。

中学生かようざったい。そういうことをしてあげないと祝ってもらえないの?っていうかそれもしかして仲良しの儀式かなにか?相手のことほんとに思ってる?

たぶん普通の人は嬉しいんだろう。
わたしが極端にひどい奴なんだろう。

わたしと親しくしてくれている友人とは、当人と一緒にプレゼントを買いに行ったり、実用品をプレゼントしたりすることもある。

なにかいいものを見つけたら、それがなんでもない日でもプレゼントする。
誕生日にはおめでとうもない年もあるし、わたしも忘れてたりする。

誕生日だからって義務みたいに頑張って選んだプレゼントってなんとなくわかる。仕方なかったんだな、と思う。

そんなの厚意でもなんでもないから、やめてほしい。

もっとたまたま出会ったもので、そのときふとわたしが思い浮かんで買っておいてくれたり、一緒に買いに行こうって思ってくれたりしたらそれがいちばん嬉しい。

わたしは誕生日に送りたいものがなければ買わないし、誕生日でなくても送りたければ勝手に送る。
お返しはいらない、受け取ってもらえて、もしそれで喜んでくれたら幸せだと思う。

先日、友人にプレゼントをした。

お返しを用意したいと言ってくれて、無理にいいと返すと、たまたま遠出してるからついでになにかないかなって思ったけどなかったからやめた、送りたいものができたら送る〜と返ってきた。

すごく嬉しかった。

ムダに無理やりプレゼントしない。わたしが欲しそうかどうか考えてくれる。

プライズしたいだけの誕生会、酒を飲みたいだけの誕生会、自己満足の誕生会がきっとどこかで今日も開かれてることだろう。

だけど変に驚かせたりせずに、祝いたいから何して欲しいかきいてあげるだけで双方幸せになれると思うんだ。

と、捨てるに困ったまま引き出しに入っている色紙を見て思ったのでした。