読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pepetto

ぺぺっと不機嫌

まずは自分でググれカス

今月、先輩のひとりが寿退社する。

明日はその送別会を若い衆でやるらしい。今日きいた。明日の夜の予定をナイトプールに行こうと画策していたがキャンセルになりそうだ。

プレゼントはどうやら隣席の先輩が担当しているらしい。

お別れ会を明日に控えた、今日も終わる終業間近、企画主の方から『プレゼント選び迷ってるみたいやから、女子目線から助けやって』とメールが来た。

それとなく隣席の先輩にスカイプで話を聞くと、案を出せと返ってきたので、結婚祝いって言ったらこんな感じが定番ですよね〜といくつか案を出した。

対する返答は、言葉を濁してはいたが結局のところ『イマイチ』。

そのくせ、早く案だして!とちょいちょい送ってくる。冗談のノリなのは理解していたので、わたしは「女性 贈り物」で検索して一番最初に出てきたランキングの21位にランクしていたキーケースを案として送った。

『それいいじゃん』だそうだ。

女性でキーケースはあまり身近でないように思う。使い道も限定されているから使わないタイプの人だったらアウトだし、わたしならいらないと思ったが、わたしより付き合いも長いし、なにか良いと思えるところがあるんだろうなぁと、なにはともあれ決まってよかった〜!お役目御免!とほっとしていたとこへ『キーケース調べてみて!』と送られてきた。

調べてみてって…先輩、目の前にパソコンありますよ。ググったらいいじゃないですか。

そもそもキーケースいいじゃん!と返ってきた時点でこのひとはプレゼントを考える気がさらさらなかったのだと気づいた。

検索して一番最初にヒットしたページを読んでもいない。たぶん検索すらしてない。
その上、調べてみて!ときた。

わたしはスカイプしながらも仕事を進めていたが、時間はすでに定時を超えていた。隣席の先輩はYouTubeを見ていた。

わたしより付き合い長いから多少知ってるだろうと思って好みを聞いても、見てれば自ずとわかるであろうと返ってくる。冗談のつもりだろうが、何も面白くない。

調べましたとも。調べて大体の値段とURLを送った。

とりあえず今日はそれで終わりになったが、これプレゼント担当の大変なところわたしがやってない?別にいいけど。

考えるつもりがない人と話すのはイライラする。
考えてないひとが、考えるつもりがないひとが、考えてるわたしに遅い、早く、それはない、え〜ありきたりじゃ〜んとか。
そういう人に限って何を言っても冗談だよ、ジョークだよで許されると思ってるのだ。

キーケース調べてみて!と先輩に言われたとき、
はぁ?と思うと同時にggrksってこういう時に使うんだなぁとしみじみ思った。

ところでお別れ会は焼肉なんだが、わたしは親しい間柄以外のとの焼肉があまり好きじゃないうえにたぶん飲み放題付だけどお酒飲めないんだぜ。

社会って大変だなぁ。